Event is FINISHED

#EventSalon4 参加者に「初体験」させるイベントのつくりかた〜【テクノ+うどん】【コスプレ+格闘技】【パーティー+マラソン】

イベント主催者が集まる、イベント主催者のためのサロン型イベント。第4回のテーマは「初体験」
Description

ライブに誘われて行ったらアイドルにハマったり、フェスに行ってタイ料理を好きになったり、トークショーに行ってアートの世界に目覚めたり...etc イベントでの「経験」は、趣味や興味を広げ、その後の人生が変わるきっかけにもなります。

また、ネットはひとつのテーマを深堀りするのには向いていますが、未知の世界を知り、好きになるのはリアル・イベントでの強烈な「体験」があればこそ。

そこで、今回EventSalonが選んだテーマは「初体験」。

企画のアイデアや打ち出し方、見せ方の上手さで、多くの人にユニークな「初体験」をさせてしまうイベントの主催者ばかりに集まって頂きました。


▼クラブ初体験?手打ち(足踏み)うどん初体験?

 テクノに合わせ、踊る代わりにうどんを踏む!?「テクノうどん」

▼マラソン初体験?パーティー初体験?

 パーティーするようにマラソンする!?「シャルソン」

▼格闘技初体験?コスプレ初体験?

 ゲームのキャラのような甲冑で格闘技、「アーマドバトル」

▼リサイクル初体験?フリーマーケット初体験?

 フィンランド発!不要なモノを蘇らせる!?「クリーニングデイ」

▼選手と同じ目線でサッカー観戦初体験?スタジアムの裏側初体験?

 通も素人も子供も楽しめるサッカー体験連発中、東京ヴェルディ企画チケット


未体験の価値をどのようにして伝え、参加してもらうのでしょうか。
どのように忘れられないような体験を演出しているのでしょうか。
彼らのアイデアやノウハウは、きっとあなたのイベントづくりに役立つはずです!


◎スピーカー

『テクノのリズムに乗ってうどんを踏む!ノって体をうごかして、おいしいうどんをいただきます!』
手塚 新理 氏 / 駒ヶ嶺亮一 氏 / セクシーキラー 氏
袋に入ったうどん種を受け取ったら準備完了。後はテクノに合わせて楽しむだけ!踊りながら種を踏めば、コシのあるうどんができあがり。荒唐無稽な魅力が多くの人を惹き付け、拡大し続けるテクノうどん。あなたはいつ踊りに行く?


『フィンランド発アップサイクル・カルチャー・イベント「クリーニングデイ」で “モノと対話する” 初体験』
森下詩子氏 kinologue主宰 / クリーニングデイ・ジャパン代表
フィンランドの人気イベント「クリーニングデイ」を日本でも同時開催し、古いモノに新たな価値をつける「アップサイクル」なムーブメントから広がる豊かな体験について、お話いただきます!


『パーティするようにマラソンしよう。シャルソンの起源、発展と世界への広がり』
佐谷 恭氏 株式会社旅と平和 / ご当地シャルソン協会
マラソンにコミュニケーションを持ち込むことで地域活性と走る楽しみを日本中に広げまくっている「シャルソン」。はじまったきっかけから日本全国に広がっていった過程、そして世界に伝えて行くプロセスをお話いただきます!


『こんな戦い見たことない!剣と汗、熱い世界を体験するイベント』
ジェイ・ノイズ氏 日本アーマードバトル・リーグ 代表
14~15世紀に実在した鎧を、デザインや材質など、可能な限り忠実に再現し、これを装備して戦う新しいスポーツ。単なるコスプレとは一線を画す迫力と圧倒的な甲冑の質量。危険も伴う熱いイベント、その運営と新しいムーブメントの作り方を伺います!


『選手まで3m! 選手と入場!特等席で"記録員"! 通も素人も子供も楽しめるサッカー体験』
新熊 康助氏
東京ヴェルディ1969フットボールクラブ(株) ソーシャルメディアディレクター
スタジアムの決められた座席で見るだけじゃない!ピッチのすぐそばの座席で サッカーの迫力を楽しめる「ピッチサイドシート」や 「公式記録員体験チケット」「エスコート キッズチケット」などの限定チケットで新たな「サッカー体験」を提案し続ける東京ヴェルディ。企画の作り方やその意図について、お話頂きます。


※登壇する順番は今しばらくお待ち下さい。


◎オススメケータラー・フード予約券について
Event Salonがオススメするケータラー「しまの食堂」のフードを会場にて提供いたします。数に限りがございますので、予めフード予約券をご注文ください。

まつながなお(ご当地食器でご当地食材を楽しむ、しまの食堂)
[写真: しまの食堂HPより。写真はイメージです。]

自身が会社員だった時の経験から『忙しい都会で働く人達に身体と心に優しい料理を届けたい』という思いを持ち料理家に転向。まちとしまをつなぐ【しまの食堂】というプロジェクトを主宰しており、愛媛県の離島から取り寄せた食材を使い料理を提供するイベントなどを開催している。最近では【ご当地食器でご当地食材を楽しむ】という全国各地にある和食器にその土地の食材や郷土料理を合わせて提供するイベントも企画・運営している。ケータリング、自身のプロジェクトの運営、食品メーカーへのメニュー提案、学校や企業などでの食育授業の講師など、幅広く活動中!
しまの食堂
ご当地食器でご当地食材を楽しむ

◎開催概要
・日時:2014年6月27日(金)19:30-22:00(開場19:00)
・場所:co-ba(コーバ)(6F co-ba library)
・参加費:前売 2,000円、当日 3,000円
 ※ワンドリンク付。フードは当日会場でもご注文頂けますが、数に限りがございます。予めフード予約券をご注文いただいた方からご提供いたします。
・定員:40名
・主催:Event Salon実行委員会
・共催:Peatix, co-ba

◎当日の予定スケジュール
19:30-19:35 オープニング〜Event Salonの楽しみ方
19:35-20:50 トークライブ〜ゲストスピーカー5名によるトークライブ×5本をお楽しみ下さい。
20:50-21:50 交流パーティー〜スピーカーを交えて、イベント主催者同士の交流をお楽しみ下さい。
21:50-22:00 クロージング〜Event Salon/ゲストスピーカーから最後に参加者のみなさんへ
※予告なく変更となる場合があります。予めご了承下さい。

◎Event Salonの3つの特長
1.名物イベント主催者が集結します。
 イベントづくりのエッセンスをあらゆるジャンル、角度から【学ぶ】ことができます。
2.定員40名のサロンスタイルのイベントです。
 規模やジャンルを越え、イベント主催者同士の【交流】を楽しめます。
3.オススメケータリングを楽しめます。
 自分イベントにも呼べるイチオシのケータリングユニットを【体感】頂けます。※要事前申込

※毎回テーマを変えて行うシリーズイベントです。これまで開催された、「第1回:物語」「第2回:五感」「第3回:参加」に参加して頂けない方もお楽しみ頂けます。


◎Event Salonの対象者
規模やジャンルは問いません。勉強会、音楽ライブ、クラブイベント、パーティー、オフ会、Meetup、カンファレンス、シンポジウムetc、今までにイベントを主催したり、スタッフとして手伝ったことがある方、これからイベントを開催してみたい人が対象です。イベントづくり・場づくりの腕を磨きたい/イベントに新しい要素を取り入れたい/他のイベント主催者と交流したい etc... イベントを盛り上げたいと思う方々に、ご参加頂けたら嬉しいです。


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-06-26 07:09:13
More updates
Fri Jun 27, 2014
7:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売券 ¥2,000
オススメケータラー・フード予約券 ¥1,000
Venue Address
東京都渋谷区渋谷3-26-16 第5叶ビル 6F co-ba library Japan
Directions
渋谷駅・新南口徒歩3分
Organizer
Event Salon(イベントサロン)
956 Followers

COSPONSOR

  • "Peatixは誰でも簡単に使えるイベント管理ツール。参加者限定でお得なクーポンを配信!

  • 多様なチャレンジが集まるワーキングコミュニティco-ba shibuya。当日はお得なクーポンを配信!